センスのいいコーデに必要なのは「センス」よりまず「アイテム」 | アトレ恵比寿 -atre-LIFE with COLORS センスのいいコーデに必要なのは「センス」よりまず「アイテム」 | アトレ恵比寿 -atre-LIFE with COLORS

vol.1 センスのいいコーデに必要なのは
「センス」よりまず「アイテム」
2019.05.17

ファッションは好きだけれど「自分に似合う服」がわからない。いつも迷ったあげく同じコーディネートになってあか抜けない・・・。そんなお悩みはありませんか?モデルやタレントのスタイリングから、3000人を超える一般女性のパーソナルスタイリングも手がけた人気スタイリストの山本あきこさんに、誰でも取り入れられる「センスのいいコーディネートのつくり方」について伺いました。ファッションがもっと楽しくなるテクニックが満載です!

センスのいいコーディネートのキーは
「普通の服」と「ウエストライン」

山本さんは「センスは持って生まれたものではなく鍛えらえる」という独自の信念をお持ちですが、山本さんの思う「センスがいい人」とはどんな人のことでしょうか?

皆さんにお伝えしているんですが、お洋服をたくさん持っている人ではなく、手持ちのお洋服でコーディネートを楽しみながら、自分を表現することができる人のことなのかな、と思っています。

山本さんは著書(「毎朝、服に迷わない」など)の中で、センスのいいコーディネートに必要なのはセンスではなく、まず「アイテム」とおっしゃっていますよね

はい。センスのよさは天性のものと捉われがちですが、まずはシンプルでベーシックな「普通の服」を揃えてほしくて。「普通の服」はどんな洋服にも合うし、アクセサリーや小物使いで着こなしも変化するので、コーディネートの土台になるんです。でも、意外に「普通の服」を持っていない方が多いですね。

確かにどこかにデザインが入っていたり、個性を主張する服が多いかもしれません。「普通の服」を選ぶ上でのポイントはありますか?

サイズ選びで迷われる方が多いのですが、今のトレンドでいうと必ずしも(体型に)フィットするものではなく、私が今日着ているシャツのようにユルッとしたシルエットのアイテムもあるので、基本的に「自分の体がよりキレイに見えるサイズ」を選ぶといいですね。例えば胸が大きい方なら、ピッタリよりもワンサイズ上の方が体のラインがキレイに見えて華奢に見えたりとか。最低2サイズは試着して自分なりの「ジャストサイズ」を見極めるといいと思います。

実はサイズ選びで大事なのはトップスよりもボトムス。下半身がキレイに見えると全体的にまとまって見えるので、自分の体型に合っているかーヒップラインがキレイに見えるか、ウエスト位置は合っているかーをしっかり確認すること。ウエスト位置を0.5cm上げるだけで、ぐんと脚長に見えることもあるんです。出かける前に必ず全身鏡でチェックして、自分のウエストがキレイに見える位置、丈感に調整するといいですよ。

体型カバーのつもりで余裕のあるボトムスを選んでしまいがちですが、ウエストラインはジャストな方がベターなんですね。

そうですね。ボトムスをジャストウエストで履くだけでも痩せて見えるんです! 全身ユルッとしたコーディネートも最近のトレンドではありますが、ずっとそれだと変わり映えがしなくてつまらない。同じアイテムでも着こなしを変えられると飽きないし、ファッションがもっと楽しくなるんですよね。トップスをウエストにインするとイメージもバランスも変わりますが、ウエストがズルッと下がっているとだらしなく見えてしまう。ウエストがきちんと合っていればウエストインしても引き締まって、着こなしの多様性が広がります。

今はスカートでもパンツでもウエストで履くものが多ので、脚の長さや美しさはウエストラインで決まる、といってもいいくらい。アトレ恵比寿でお買い物する時も、みなさんぜひ「ウエストライン」を意識してみてください(笑)。

トレンドやこなれ感は
色・素材・小物で取り入れる

「普通の服」でコーディネートの土台を作りつつ、スマートにトレンド感やこなれ感を醸し出すテクニックはありますか?

色、柄や素材、小物の3つを取り入れるといいと思います。まずはトレンドカラー。色は視覚的に変わった感もありますし今年らしさをすぐに表現できるのでオススメ。今季だとアーシーなグリーンやラベンダー、サンドカラー(ベージュ系シナモン、レンガなど土っぽい色彩)がトレンドですね。白シャツなどのベーシックなアイテムにトレンドカラーのアイテムを合わせるだけでも一気に今年らしくなりますよ。

次に、今季豊富に揃っているパイソン柄。少し辛口すぎる印象があるかもしれませんが、茶色と黒や、白とグレーなどのベーシックなカラーリングのものなら、どんな色にも合わせやすい。パイソンもですがレオパードなどのアニマル系は先端にいれるとシャープに締まるので、ぜひ、足元でトライしてみてください。

リネンはカジュアルでリラックス感のある素材ですが、女らしいとかマニッシュとか、きちんと感のあるシルエットのものを選ぶと大人っぽくこなれた印象に。形はシンプルだけど、色や素材で今年らしさや季節感を出すのがいいと思います。

あとは小物。去年と同じアイテムでも、合わせる小物やアクサセリーでまるで印象が変わります。アクセサリーの基本はベースの金属の色(ゴールドまたはシルバーなど)を合わせること。ゴールド・シルバーの仲間同士で耳元、首元、手元の3セットを揃えるとコーディネートが広がるし、目的買いができて無駄買いが減るんですね。そのためには、まず自分がどんなものを持っているのかを把握することも大切。ときめき買いを繰り返して好きなもので溢れているけれど、限られたコーデでしか使えないというのはもったいないので、小物やアクセサリーはバランスよく持ってるといいと思います。

今季の隠れブームは
ネックレス

アクセサリーでいうと、長らくブームから遠ざかっていましたが、ここ最近ネックレスが復活。ぜひ手持ちのネックレスを引っ張りだすか、買っていただきたい(笑)。私が着けているような首に沿うチョーカータイプもいいですし、華奢なものを2連・3連と重ねるのも今年らしい。夏はシンプルなTシャツにプラスしたり花柄のワンピースに合わせるのもよさそう。

山本さんは一般女性のパーソナルスタイリングもされてますが「その人に合うコーディネート」はどのように見つけているのでしょうか?

スタイリングする方の環境や日常を意識しつつ、明日から取り入れられる半歩先のご提案を心がけています。人によりますが、いきなり自分のキャラとかけ離れたものを着るのは抵抗があったり、帰宅して日常に戻るとちょっと恥ずかしくなったりするんです。

新しい洋服にチャレンジすることは簡単ですが、実は洋服は内面に大きくアプローチできるものだと思っていて。キレイ色のアイテムが揃う春夏は、今まで手に取らないようなものも試着してみてください。コーディネートの幅が広がるかもしれませんよ。

(つづく)

Photo:Nozomi Nishi 
Edit&Text:Crown Clown

次回は山本さんがセレクトする「春夏マストアイテム」を紹介します。

PROFILE

山本あきこ
女性誌や広告など多方面にわたるスタイリングに携わった経験に基づくルールを持ち、シンプルな洋服に小物使いで、瞬く間にその人本来の魅力を引き出すファッションを得意とする。今までのクライアント数は3000人にのぼり、今までに作ったコーディネート数は30万を超える。

WEBサイト Rocco style.
Instagram @akiko_yamamoto__

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
LIFE with COLORS

SUMMER

ARCHIVE
その他のコンテンツ一覧

ATRE EBISU ON INSTAGRAM

    OFFICIAL SNS