お花選びと基本のお手入れ l アトレ恵比寿 -atre-LIFE with COLORS お花選びと基本のお手入れ l アトレ恵比寿 -atre-LIFE with COLORS

vol.1 お花選びと
基本のお手入れ
2020.02.7

春は多様なお花が咲き誇り、穏やかな気候で植物を育てやすい季節。インテリアに取り入れると、季節を感じられるし心もほっとリラックスできるもの。ふだんの暮らしで気軽にお花を楽しむ方法を、フラワーアーティストの今泉冴也香さんに伺いました。まずはお花選びのコツと基本のお手入れから。

お花

お花も洋服みたいに
その日の気分で選ぶのもいい

なにげなく立ち寄ることもあるお花屋さん。いきいきとした元気なお花と出会いたいなら、花市場から仕入れる月・水・金曜日に行くのがおすすめなのだとか。「持ち歩く時間は短い方がいいので、帰宅時に買いましょう」。
お花選びのポイントは「まずはときめいたお花を選んで、それを主役に合うものを数種類に絞って組み合わせるとまとまりやすいですよ。または洋服のように、その日の気分に合わせて選ぶのも楽しい。元気になりたかったらビタミンカラーのお花とか」と今泉さん。

複数のお花でアレンジする場合、初心者さんならワントーンでまとめたり、白&緑の組み合わせるのが取り入れやすいそう。「家のどこに飾るのか、どの花瓶に生けるのかをイメージしてから選ぶのもいいと思います」。

春を代表するお花はチューリップやアネモネ、ラナンキュラス、ヒヤシンスなど。季節のお花を飾ると、おうちでも四季の移り変わりを楽しむことができます。

水をきれいに保つ
これがお手入れの基本

家に着いたらお花がぐったりしていた、なんてことはありませんか?花器に生ける前にまずは元気になるひと手間を教えてもらいました。

花器に生ける前のお手入れ方法

1
花器に生ける前のお手入れ方法1
水に浸かる部分の葉っぱを取る。水が濁りにくくなり、花が水分を吸い上げやすくなる。
2
花器に生ける前のお手入れ方法2
新聞紙などでぐったりとした茎や葉を立たせるようにきつめに巻く。
3
花器に生ける前のお手入れ方法3
保水のジェルや汚れがあればきれいに水で流し、必要な長さまで切る。※出来るだけ短めな方が水が上がりやすい。
4
花器に生ける前のお手入れ方法4
なるべく深めのお水につける。つけておく時間はお花や状態によって異なるので、お花の様子をみながら調節する(最低1時間程度から)。

Photo:Nozomi Nishi Edit&Text:Sakiko Kameya(Crown Clown)

次回は実践篇!「お花の生け方」を紹介します。

PROFILE

今泉冴也香
今泉冴也香
2009年 多摩美術大学環境デザイン学科卒業後、都内花屋勤務を経て2012年より「MY’S」として活動をスタート。オーダーメイドのギフトフラワーから、映像作品や雑誌、広告、インスタレーションまで、お花に関わる様々な制作を続けている。

WEBサイト:
http://imaizumisayaka.com/
Instagram:
@imaizumisayaka

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
LIFE with COLORS

SPRING

ARCHIVE
その他のコンテンツ一覧

ATRE EBISU ON INSTAGRAM

    OFFICIAL SNS